おすすめ商品紹介

【体験】Apple Watchは買うべき?実際使用した感想を紹介!

 

数あるスマートウォッチの中でも圧倒的な人気を誇るApple Watch

現在ではApple Watch8が最新版と長く販売され愛されている商品です。

カスタマイズが充実している点や、豊富なヘルスケア機能がついていたりと機能面でも優秀。

それでも「ちょっと高いから買うのに迷っている…」という人が多いことも事実です。

そこで今回は実際2022年6月からApple Watch7を使用している私が

・Apple Watch7を使用してよかったこと

・Apple Watch7を使用して不便だったこと

をお話ししたのちに

・こんな人はApple Watchがおすすめ

・こんな人はほかのスマートウォッチがおすすめ

について解説していきます。

 

Apple Watch7を使用してよかったこと

 

ヘルスケア機能が充実

Apple Watchにはヘルスケア機能が充実しています。

特に私がよく使用していたのはワークアウト機能の屋外ウォーキングでした。

運動計測だけではなくマインドフルネスの項目もあるためリラックスしたいときにも使えます。

目覚まし機能が便利

個人的に目覚まし機能がかなり便利でした。
Apple Watchをつけたまま眠ると睡眠の深さを計測してくれます。
私は睡眠の深さもチェックしたかったためAppleWatchを身につけ眠ることが多かったです。
そうすると、目覚ましの時にAppleWatchが直接振動してくれるためバッと目覚めることがいつもでした。
スマホのアラームにしていると寝ぼけ眼で止めてしまって二度寝に発展することもありますがApple Watchだと飛び起きることが出来ました。

電話や通知がすぐにわかる

Apple Watchは振動のバリエーションが豊かです。

しばらく使用していると「これは電話が来た時の振動だ」「これは運動量通知の振動だ」とわかるようになります。

意外とこの機能は便利で、いちいちスマホを開かなくても通知の内容の一部はApple Watchで確認ができます。

 

バンドやカバーが多く発売されておりカスタマイズ性がある

Apple Watchはネット通販や家電量販店でバリエーション豊かなバンドやカバーが発売されています。

仕事の日はスーツに合うバンドを選んだり、休日のお出かけの日はワンピースに合うバンドに付け替えたりすることができます。

時計を替えるのではなくバンドをかえることでどんな時でもスマートウォッチを身に着けられることができます。

特に計測項目が豊かなApple Watchは毎日継続して身に着けることで様々な身体の状態を記録してくれます。どんなシチュエーションでも身に着けられるような環境を作ることができるためカスタマイズ性があることはかなりの強みだと思えます。

iPhoneを鳴らすことができる

Apple Watchの機能の中には「iPhoneを鳴らす」という機能があります。

家の中でiPhoneをなくしたときに鳴らして場所を特定することができるため、ずぼらな私にはとってもありがたい機能でした。

Apple Watch7を使用して不便だったこと

 

こまめな充電が必要

Apple Watchのバッテリーは1日持てばいい方です。

例えば、夏場にワークアウト(運動計測機能)を2時間使用してモニターを常時表示にしていると充電が10-15%ほど減ります。

Apple Watch7は急速充電機能があるため充電時間は1時間~2時間で済みます。

Apple Watchの購入を検討している方はいつ充電するかシミュレーションしてみましょう。私は夕飯を食べたりお風呂に入っている間に充電しています。

電卓機能は正直使わない

Apple Watchには電卓の機能が備わっています。

たしかに、軽く計算したいときには便利かもしれませんがApple Watchは画面が小さいため正直入力がやりにくい点が致命的です。

基本的に計算をしたいときはApple WatchをしようせずiPhoneや電卓を使用することが多いです。

利き手によってはICカード連携は逆に不便

Apple Watchには交通ICとの紐づけが可能な機能があります。

ICカードと連携するとApple Watchをかざすだけで改札を通ることができたり決済ができるようになります。便利に見えるかもしれませんが結論から言うと私はこの機能を途中から使わなくなりました。

例えば、駅の改札は基本的に右側にあり、右手でICカードをかざして通りやすいように設置されています。

そして、右利きの人は基本的に腕時計は左手首に着けることが多いことを考えると改札を通るときわざわざ身体をねじって左手首にあるApple Watchを改札機にかざす必要が出てきます。

私はそれがだんだんめんどくさくなってしまって結局ICカードの連携はiPhoneに戻してしまいました。

Apple Watchが向いている人・向いていない人

こんな人はApple Watchがおすすめ

①おしゃれを求めている人

②iPhoneを使用している人

③機能性を重視している人

④まめに充電ができる人

⑤家の中でiPhoneをなくしやすい人

AppleWatch8はこちらAppleWatchSEはこちら
 

こんな人はほかのスマートウォッチがおすすめ

①運動計測だけほしい人

②こまめに充電することが面倒くさく思う人

③とにかくコスパを重視する人

 

iPhone以外の端末を使用している方、機能性がいらない方はApple Watchだとオーバースペックです。

運動機能を重視してスマートウォッチを選びたい方はこちらの記事がおすすめです。

 

おすすめ6選!ダイエット向きなスマートウォッチを紹介ダイエットで大事なのは消費カロリーと摂取カロリーの数値を見ることです。この記事では身に着けるだけで消費カロリーを自動で算出してくれるスマートウォッチ6選を紹介します...