ダイエット

頼れる味方?低用量ピルでPMSを軽減できる? オンライン処方もおすすめ

 

生理前症候群(PMS)は、多くの女性が生理前に経験する不快な症状の一つです。イライラ、腹痛、むくみ、気分の落ち込みなどに襲われモヤモヤすることも多いのではないでしょうか。そこで、PMSの症状を軽減する方法の一つとして有名になりつつあるのが低用量ピルの使用です。この記事では、低用量ピルとPMSの関係について詳しく説明し、女性の健康に対する頼れる味方としての役割を探ります。

この記事にはプロモーションが含まれています

低用量ピルとは?

低用量ピルは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを含む経口避妊薬です。これらのホルモンは女性の生殖システムと周期を調節し、卵胞の成熟を抑制する役割を果たします。また、低用量ピルは避妊だけでなく、さまざまな女性の健康上の問題に対処するためにも使用されています。

 

低用量ピルとPMSの関係性

では低用量ピルを使用することでどのような効能が現れるのか、またPMSのどのような症状が改善されるのかについてここで解説していきます。

ホルモンの安定化

PMSの主要な原因はホルモンの変動です。低用量ピルはエストロゲンやプロゲステロン等のホルモンを含んでいます。低用量ピルを使用することで、生理前のホルモン変動が抑制され、PMSの症状が軽減されることがあります。ホルモンのバランスが整うと、ホルモンバランスの乱れから引き起こされるイライラ、不安、気分の落ち込みなどの精神的な症状が和らぐことが期待されます。

排卵の抑制

低用量ピルは卵巣からの卵子の排卵を抑制します。これにより、卵巣に起因する生理前の痛みや不快感が軽減されることがあります。排卵が起きないため、卵巣の嚢胞が形成されにくくなります。

皮膚トラブルの改善

一部の低用量ピルには、皮膚トラブル(特に軽度から中程度のニキビ)を改善する効果があるとされています。これは、ホルモンバランスの安定化によって皮膚の油分分泌がコントロールされ、ニキビが減少する可能性があるためです

生理痛の軽減

低用量ピルは生理痛(月経痛)を軽減する効果があります。これは、ピルが子宮内膜の成長を抑制し、出血量を減少させるためです。生理痛が強烈な場合、低用量ピルは症状の軽減に役立つことがあります。

 

低用量ピルを使用するうえでの注意点

低用量ピルは体内のホルモンバランスを整えてくれる薬です。しかし、使用方法を誤ってしまうと身体に悪影響を与える可能性もあるため、ここでは低用量ピルを使用するうえでの注意点についてお話していきます。

医師の指導が必要

低用量ピルは処方薬です。使用する前に、必ず医師と相談し、適切な処方箋を受ける必要があります。医師はあなたの健康状態や医療歴を考慮し、最適な避妊法や治療法を提案します。

副作用への注意

低用量ピルには一般的な副作用があります。吐き気、頭痛、乳房の腫れ、不正出血、体重変化などが報告されています。これらの症状が続く場合は、医師に報告しましょう。

服用タイミングの重要性

低用量ピルは毎日同じ時間に服用する必要があります。適切な服用スケジュールを守らないと、避妊効果が低下する可能性があります。

抗生物質との相互作用

一部の抗生物質は低用量ピルの効果を減少させることがあるため、医師に抗生物質を使用している場合は必ず伝えましょう。医師は適切な避妊方法を提案します。

適応症と禁忌症

低用量ピルは特定の健康状態に対して適応されますが、禁忌症がある場合もあります。例えば、重度の高血圧、血栓症の既往歴、喫煙などが禁忌症とされます。医師との相談で適切な判断が行われます。

 

低用量ピルの副作用

低用量ピルには副作用があり、また個人差はありますが「合う合わない」が激しい薬です。例えば友人には合う低用量ピルだったとしても自分が使ってみたらなぜか体調が悪くなってしまう…ということも少なくありません。ここでは低用量ピルを服用した際に起こる副作用について紹介していきます。低用量ピルを飲み始めてから以下のような症状が強く出てしまい支障をきたす場合は薬との相性が悪い可能性があるため無理せず医師に相談してみましょう。

吐き気と嘔吐

ピルの初期使用時に吐き気や嘔吐が起こることがあります。通常、これらの症状は数週間で軽減します。

頭痛

頭痛が生じることがあります。頭痛が頻繁で重度の場合、医師に報告しましょう。

乳房の腫れ

乳房が痛んだり腫れたりすることがありますが、通常は数か月で改善します。

不正出血

生理期間外に出血が起こることがあります。これは体がピルに適応する過程で一時的に起こることがあります。

体重変化

一部の人は体重変化を経験します。これは通常、軽度であり、食事や運動による管理が可能です。

低用量ピルを処方してもらうならオンラインがおすすめ

低用量ピルを手軽に、かつ医師に相談しつつ入手したい場合はオンライン診療がおすすめです。オンライン処方は通院や医師の待ち時間を省くことができ、スマートフォンやパソコンを使って自宅から簡単に処方箋を受け取ることができます。

オンライン診療のサービスでおすすめのサイトは『ルナルナ おくすり便』です。



『ルナルナ おくすり便』は女性なら耳にしたことがあるかもしれない『ルナルナ』のサービスの一つです。こちらのサイトの便利な点として以下のものが挙げられます。

①薬は最短当日発送 郵送で自宅に届く

初回のお届けは、決済完了から最短当日で発送されます。また、家族や同居人にばれにくいように梱包や送り状でも中身が「低用量ピル」とはわからない状態にして発送するため安心して利用することが出来ます。

②提携医療機関の医師によるオンライン診療

『ルナルナ おくすり便』では提携医療機関の医師が診察をしてくれます。低用量ピルは特に病歴によっては服用が不可能になるものも多く個人の判断で薬を選ぶことは非常に危険なため医師に相談することが不可欠です。また、病歴や状態を診て処方が難しい場合には診療代を含む各種費用は一切かからないという強みもあります。

③オンライン診療だからどこでも受診できる

オンライン診療は直接病院に向かわずともどこでもスマートフォンさえあれば診察を開始できます。例えば仕事の合間の休憩時間や休日の時間があるときでも外に出ることなく診察を済ませることもできます。私はこの点が魅力的でオンライン診療を活用しています。



さいごに

低用量ピルはPMSの症状を軽減し、生理に関連する不快な症状を改善するのに役立つことがあります。しかし、医師の指導を受け、個人の状態に合った適切な製品を選び、リスクと利点を検討することが重要です。自身の健康状態についての詳細な情報は、信頼性のある医療専門家と相談することが最善です。もちろん、オンライン診療も楽ではありますが直接病院や婦人科に受診した方が細かく相談することが出来る利点もあるためあなたに合った方法で低用量ピルに触れてみてはいかがでしょうか。