ダイエット

【黒烏龍茶】ウーロン茶重合ポリフェノールの効能を徹底解説!

トクホの商品に「黒烏龍茶」があります。

黒烏龍茶はサントリーが発売している特定保健用食品の飲料です。

黒烏龍茶のパッケージにはこのような記載がされています。

「脂質の消化吸収を抑えて排出を増加させるので、体に脂肪がつきにくい」

黒烏龍茶特茶のトクホが認定されている成分は「ウーロン茶重合ポリフェノール」です。

今回はウーロン茶重合ポリフェノールについて

どんな効能があるのか、どのタイミングで摂る方が効果的なのか

紹介していきます。

この記事を読むとこんなことがわかります

・ウーロン茶重合ポリフェノールの効能

・ウーロン茶重合ポリフェノールの効果的な飲み方

 

ウーロン茶重合ポリフェノールの効能

 

ウーロン茶重合ポリフェノールとは緑茶の葉をウーロン茶に加工する際中で緑茶に含まれているカテキンが重合した(いくつも組み合わさった)ものです。

ウーロン茶重合ポリフェノールには脂肪を吸収させにくくする作用があります。

人の身体は脂肪を吸収する過程として腸で脂肪を細かく分解して体内に吸収しやすいように手助けしてくれる酵素があるのですが、ウーロン茶重合ポリフェノールはその酵素の働きをゆるやかにします。

脂肪の吸収を抑え、吸収されなかった脂肪は身体の外に排出されやすくなるわけです。

ウーロン茶重合ポリフェノールの効果的な飲み方

 

ウーロン茶重合ポリフェノールの入った黒烏龍茶は

油っぽい食事を食べているときに一緒に黒烏龍茶を飲む

これが一番効果的な飲み方だと考えています。

ウーロン茶重合ポリフェノールは名前からしてポリフェノールの1種です。

ポリフェノールの特徴として、短時間で効果が見られる一方長時間効果が持続しないことが挙げられるため油っぽいものを食べた数時間後に飲むことは効果的ではないように思えます

黒烏龍茶は最近ではマクドナルドでのオプションとして販売されたことで注目を集めました

マクドナルドのメニューはハンバーガーのほかに

ナゲット、フライドポテト等脂質を多く含む商品を多く販売しているため

企業の戦略がうまく通っていますね