ダイエット

【保存版】生理中に体重が増える理由とは?上手な対策法も紹介

生理中にダイエットを行うことは、効率的なのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。この記事では生理中に体重を減らすことができるのか、またそれが健康に良いのか、解説していきます。

 生理中の体重変動とメカニズム

生理中に女性の体はホルモンの変化により水分や体重が変動しやすくなります。これは生理前症候群(PMS)の一部であり、一時的な体重増加が生じることがあります。生理中の体重変動は通常、生理後に元に戻りますので、短期間のダイエットが必要かどうかをよく考えることが重要です。

生理中の体重の変動は主にホルモンの変化に関連しており、つぎにそのメカニズムと理解を詳しく説明します。

水分保持

生理中、特に生理前症候群(PMS)の時期になると、体が余分な水分を保持しやすくなります。これは、エストロゲンとプロゲステロンといったホルモンのバランスの変化によるものです。このため、体が浮腫みやすく、体重が増加することがあります。

血液量の変化

生理中には、子宮内膜が剥がれて出血が生じます。この出血に対応して、体は新しい血液を作り出すため、血液量が増加します。1リットル以上の血液を作り出すことがあるため、これも体重の増加要因となります。

腸の活動

生理中、腸の運動が遅くなることがあります。これはプロゲステロンの影響によるもので、便秘を引き起こすことがあります。便秘になると、腸内に便がたまり、これも体重増加に寄与します。

食欲変化

生理中、ホルモンの変動により、食欲が増すことがあります。これにより、食事摂取量が増加し、体重が増えることがあります。

メンタルの変化

生理中は体調が不調な日が多いため、運動不足や休息の不足が生じることがあります。これも体重増加に影響を与える要因です。

 

生理中の食事

生理中はホルモンの変化により食欲が増すことがあります。この時期に過度な食事制限を行うと、ストレスや体調不良を引き起こす可能性があります。代わりに、バランスの取れた食事を心がけましょう。野菜、果物、タンパク質、繊維を含む食品を摂取し、空腹感を抑えることができます。

つぎに、生理中の食事に関するポイントを掘り下げます。

鉄分の摂取

生理中は多くの女性が鉄分を失いやすくなります。出血によって鉄分が失われ、貧血のリスクが高まります。したがって、鉄分を豊富に含む食品を摂ることが重要です。赤身の肉、鶏肉、魚、豆類、ほうれん草、キノコなどが良い選択肢です。鉄分の入ったサプリメントを飲む手段もありますが気分不良等がみられましたら無理せず服用をやめましょう。

 カルシウムとマグネシウムの補給

生理中には、カルシウムとマグネシウムも重要です。これらのミネラルは筋肉の収縮とリラックスに関与し、生理痛の緩和に役立ちます。低脂肪乳製品、ヨーグルト、堅果類、緑黄色野菜などがこれらのミネラルを提供します。

適度な水分摂取

水分は生理中でも重要です。出血により体内の水分が失われやすく、脱水症状を防ぐために水分補給が必要です。特にハーブティーや温かい飲み物(カモミールティーやミントティーなど)はリラックス効果があります。

高繊維食品の摂取

繊維質の食品は便秘を軽減するのに役立ちます。全粒穀物、果物、野菜、豆類などの高繊維食品を摂りましょう。便秘が続くと生理痛を悪化させることがありますので、十分な食物繊維を摂ることが大切です。

おすすめの食事:おからパウダー入りヨーグルト

生理中の朝食におすすめなのがおからパウダー入りヨーグルトです。

作り方はヨーグルトにおからパウダーをスプーン1杯入れ混ぜるだけです。おからパウダーは「微粉」よりも細かい「超微粉」にする方が食感が滑らかになって食べやすいためおすすめです。

おからパウダー入りヨーグルトは作る手間がかからず、たんぱく質、マグネシウム、カルシウム、高繊維食品をまとめて摂取することが出来るため生理中にはもってこいです。

過度な食事制限は避ける

生理中はホルモンの変化により食欲が増すことがあります。過度な食事制限を行うとストレスがかかり、体調不良を引き起こす可能性があります。適切な食事摂取を心がけ、食事を楽しむことが大切です。

 

生理中におすすめ 適度な運動方法

生理中に軽い運動を行うことは、体調を改善し、生理痛を軽減するのに役立ちます。ウォーキングやヨガなどの軽い運動を取り入れ、無理な運動は避けましょう。また、自身の体調に合わせて運動を調整することが大切です。

 軽い有酸素運動

生理中に軽い有酸素運動を行うことは、体調の改善に寄与します。ウォーキング、サイクリング、水泳など、選択肢は多岐にわたります。有酸素運動は心臓と肺の健康を促進し、ストレスの軽減にも役立ちます。

ヨガやストレッチ

ヨガやストレッチは、生理痛や筋肉の緊張を和らげるのに効果的です。これらの活動は適度な運動を提供しながら、リラクゼーション効果もあるため、生理中に特におすすめです。

激しい運動は控えましょう

生理中はエネルギーレベルや体調が変動しやすいため、運動の強度を調整することが大切です。過度な運動はストレスを増加させ、生理痛を悪化させる可能性があるため、自身の体調に合わせて調整しましょう。

無理のないタイミングで運動を取り入れましょう

生理中の初日や生理痛が最もひどい日には、運動を控えることも考慮しましょう。しかし、それ以外の日には運動を行うことができます。体調に合わせて柔軟に運動計画を立てましょう。

 

結論

生理中のダイエットは、体調や個々の状況によって異なります。無理な制限をせず、バランスの取れた食事と適度な運動を心がけ、健康的な生活習慣を維持することが大切です。無理に制限してしまうと生理不順等のトラブルの原因になる可能性もあります。生理中の体にやさしく、健康的なダイエットを心掛けましょう。